« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

どらいぶのはずなんだが・・・・

2007_820_1458_2 月曜に同じマンションの方と大沼へ行きました。
肉目的じゃないよ。
ドライブだからね。
で写真はレストラン 黒べこさんです。肉はおまけですよ。ほんとですよ。
肉はとても美味しかったです。
2007_820_1342 しゃべって、しゃべって冷めても柔らかいもの。
肉食べる前に、夏井珈琲さんでお茶しました。
アイス珈琲美味しかったです。
お土産に有名な大沼だんご買ってもらっちゃったよ。アリガトゴジャイマシタ。

・・・あれぇ・・・食べてばっかり・・・?

Photo これは新杵堂さんの「栗ものがたり」大好物。
甘いんだよねぇ・・・あぁ・・甘いなぁ・・・と思って少し切って冷蔵庫に仕舞って
食べてお茶飲んだら、もう一口・・・甘いんだよねぇ・・・から繰り返し。
危険だな。
ほんとに冷たく冷やして頂いたら眩暈するよ。美味しくて。
葛のぷるぷるとした食感。
栗のつぶがコロコロ。
栗きんとんがまた絶品。
Photo_2 栗きんとんだけでも買って食べるんだけど、それとは又違う美味しさなんですなぁ。
きんとんが瑞々しいんだなぁ。
年に何回かのお取り寄せ、わたくしの楽しみなのですな。

明日は函館工芸舎さんの陶器バザールに行って、その後大沼の焼き物市に行って、夜は我が家でパーレーな予定です。
こんな予定盛りだくさんなの久々なんですけど・・・。
興奮して熱でも出さなきゃいいんですけど・・・。
そう、そう、最近焼き物に興味を抱き始めましたのよ。
食べてばっかりじゃぁござーませんのよ。オーホホホ。
お友達のナオミちゃんの影響ですわよ。
感化されやすいのですわよ。

明日は皿やらビール飲むコップ、ゲットしてきます。
目出度く良い品ゲットできたらご報告申し上げますです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

むしゃ、むしゃ、むしゃくしゃ、もうにえた。

茶筅。
こないだ、お店で茶筅を買おうとして尋ねてみた。
「国産ですか?」
茶筅のケースを見回して
「うーん・・・」
「ケースには書いてませんよね?」
「うーん・・・・そうですねぇ・・・うーん・・・・」
数十秒経過・・・・・
「わかりませんねぇ(笑顔)」
「へ?・・・そうですか・・解りませんか・・・・・」
「はい、書いてませんもんねぇー」

書いて無くて解らないなら、仕入先に確認して答えを出さないの?
それが小売ってもんじゃないの?
と、思いつつも、「書いてないので解りません。」と、無邪気な笑顔を見て、がっくりと帰ってきた。

今日は再び別のお店で茶筅を手に取って見たらやっぱ書いてない。
茶筅の一本一本が太く荒々しい。良く言えば野性味溢れる、本音は粗野粗雑粗末な。
こないだ見たのとはどうも趣きが違う。
んで尋ねた。ら、普通に

「日本製ですよ?」

あんた何言っての?って感じだったので、茶筅が日本製なのは、お茶の世界では当然のことなのかと思い、ワタシは素人で何もわからんので、だから「何聞いてんの?」って顔してんのか・・・・このおばはんは・・・と思った。
で、気を取り直して再び質問してみた。
「安すぎないですか?」
(1680円だった。粗雑だから安いのか・・?)
鼻で笑いながら
「茶筅は本数で値段が違うんですよ。フン」
で、なるほどな。と、思ってたら、側にいたお客さんが加勢してきた。
「茶筅みたいな細かいものは中国じゃつくれませんよ。」
「そうですか・・・(細かい伝統的な工芸品あるじゃん・・中国にだってさぁ・・)」
店員より詳しくお客さんが竹の説明を始めた。
勉強になるので聞いてた。
店員のおばはんまで、うなずいて聞いてる。
ワタシが
「安い竹製品は中国製が多いですから・・・」
「で、この茶筅はパッケージに何も書いてないですけど」
と、言ったら、店員は
「そんな事気にする人は、なんも買えないわぁ。買い物なんかできないわー。アハハー」
と笑いだした。
どういう理由で国産なのか説明はない。
パッケージには作者は勿論、製造国は無いし、とにかく何も書いてない。
いよいよ店員が自信満々に言い張る、この根拠のない「国産」に怪しさが増してきた。

しかし、今世間でどれだけ騒がれてるか新聞も読まないのかね?
大丈夫かね?おばはん・・・。
ワシは10年以上も前から中国の食器などは使ってないのだよ。
だから、おばはんに笑われるまでもなく、買い物なんかは大変なのだよ。
その私を、「なんも買い物できないわー」と、笑うんだな。
そうか、そうか、と、だんだんムカムカして
「はい、何でもは買えませんよ。国産品探すのは大変ですよ。」
と、言ってたら
加勢してた客が、その茶筅を手に取って一言

「え、何これ、ちょっと安すぎだわ。」

││││ 店員 「え?」 ││││

・・・・・・・怪しい・・・・・・・
店員絶対適当なこと言ってる・・・・

「もういいです、どうも。」

と、言って店を出てきた。
帰り道、やきそばパンをかじりながら車を運転して帰ってきた。
なんだか気分が悪かった。
パンをムシャ、ムシャ、ムシャ、
気分はムシャクシャ。

もう、気軽に茶筅買うのは諦めた。
帰ってきてネットで調べたら出てくる出てくる格安の中国製茶筅。
あれ絶対、どこかの国製じゃん。
でたらめばっか言ちゃってさ。

やる気のないオバハンとか、でたらめなオバハンとかいろいろですな。
やる気の無いオバハンの方がまだマシだね。
適当な事言わないだけ。
今に思えば正直であった。

「書いてないので解りません。エヘッ」

・・・・・・絶句。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ももににもも

2007_8_5_1248_2デザートは生春巻き事件から気を取り直しまして、
こちらは8月5日に食べたランチの写真です。
場所は、中華ダイニング ロンファンさんです。
安くて美味しいし、テーブルも完全個室とまでは行かないまでも、ほどほどの仕切りがあるので快適です。
二人でこれだけ食べても2000円でおつりが来るのです。
ディナーも2000円あれば充分に食べられるのです。
スタッフの方もみなさんキビキビと働いていて、かつ笑顔で感じが良くて文句なしです。

2007_818_2100_2

こちらは、お向かいの席で静かにお食事しているご家族です。
大変寡黙にエビチリをご堪能されておられました。

な訳で開拓中の我が家では唯一のリピート店です。
あ、もう一箇所あった。
あの蕎麦屋だ。
生春巻きがデザートの。
次は無いと思いたまえ。
デザートの恨みじゃ。

2007_812_13271_2 2007_812_13282   2007_812_1331

こちらは、8月12日RESTAURANT Pinoさんでのランチです。
私はパスタのセット。野菜食べたい時は最高ですよ。
ブルーベリーのソースで美味しく山盛りサラダを頂けます。
相方はステーキのセット。どちらも美味しゅうございました。
しかし、この日も暑かったなぁ・・・
車のエアコンの効きが悪くなりガスを充填しなくちゃいけなかったのですが、函館に夏なんか来ないんだね?ってくらい毎日寒かったのでエアコン放置していたら、この日は猛烈に暑くて車中で眩暈がする程だったのでガス充填をしました。
4000円也。
一気に車中は快適空間へ。

昨日、日曜は漁火祭りで車を湯浜公園へと走らせ陶器市とやらへ出かけてきました。
でもさぁあああ、でもさぁああ、伊万里とか、萩とかあるのかと思ったらさぁ、ホテルでの使い古しか何かの中古が格安で投売りの市だったのですな。
ま、環境にはとても優しいと思うし、フリマみたいなのは良いけどさぁ、それなら、そうと告知してくれ給え。
と、面白く無いことばっかりだった訳じゃなく、
2007_820_920 2007_819_15031

このトマト一箱400円。
桃は白桃が5個で200円。
黄桃が4個で300円。
びっくりして白桃は10個買ったですよ。
10個買っても400円だもんねぇ。激安。
でも、あれなのだ、このままだとあんまり甘く無いのだ。
そんなのは承知で買ったからいいのだ。
予測どおりなのだ。
2007_819_1607_2
私はコンポートを作りたかっただけなのだ。
こないだ作ったのは砂糖の量にビビってしまい、あんまり甘くしなかったら途中で痛んできちゃったのですよ(涙
なのでリベンジなのです。
がっつり甘くして保存するのです。
出来上がってびっくりです。

2007_820_924
桃が入るような保存瓶が2個しか無い事にです。アァア。
食べ続けるか・・・。

夜はハルジョオン・ヒメジョオンさんの夜市へ出かけました。

写真は無いけどbroteさんのパンと、rocaさんのプリン、きなこムース、ハルジョオン・ヒメジョオンさんの塩焼きそばと焼き鳥を買って帰りました。
店内大賑わいで大混雑でした。
大混雑は大の苦手なので急いでお目当てのものを買っておしまいです。

うん。全部美味しかった!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

なつはもぅどこかへいきました。

夏だ、夏だ、暑い暑いと喜んでいたのも束の間・・・・
もぅ夏はどこかへ行ってしまいました。

先週の水曜日。たぶんこの日が最後の夏だったと思う。
朝からハーベスト、蒸しパン、スイカ、桃、ヨーグルト。
夕方にはお腹減って「そうだ、冷房ガンガン効いた店で焼肉だ!」と久々早い帰宅の相方と焼肉屋に行ったけど、みんな同じこと考えるのかな・・・どこも満席。3件目で、やっと焼肉にありついた。
でもそこも激混みで明らかに店員の数が足りて無い。
普通に焼肉食べてビビンバと冷麺も食べて「死ぬー死ぬーうちら二人で肉400gは多いんじゃ。死ぬー。」と、言いつつも完食。
で、会計の時にくじを引くようにレジのおじさんに言われる。
くじを引く。
3等が当たる。
「はい、3等ですね。おめでとうございます!1000円のお食事券です。次回お使い下さい。ありがとうございましたぁあ」
と、来るよね?
当たったんだし。
はずれじゃないし。

「あーはい。3等ですね。はい、どうぞ。」

・・・なんの抑揚も感動もなくお食事券を渡されました。
おじさん、相当疲れてるんだね。あの日は真夏日だったしね。30度超えたものね。
焼肉屋のおじさんガンバ。

先週の日曜の夜は御蕎麦。
暑いなぁ、暑いねぇ。こんな日はざる蕎麦だねぇ。
お目当ての店は閉店してたので、五稜郭公園側のお店に移動、到着。
ざる、ざる、ざるそば、ざる、ざる、ざるそば。
店員さん 「メニューお決まりですか?」
私     「はい。レディースセットで」
相方    「カツ定食で」

ざるじゃないじゃん。

で、レディースセット。
食べ終わってもデザートが来ない。
ずっと来ない。
相方が店員さんに尋ねてくれる。
「デザートはまだですか?」

「デザートは、さっき持って行った生春巻きですから!!!!」

えぇっ?!

えぇぇぇぇ・・・・・・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いらいらいらいらいらおんど

8月1日~5日は、函館港祭りでした。

8月1日の花火は寝室から見ました。
札幌にいた頃のようにベランダから見えたらいいんだけどなぁ。
ま、いいか。
1時間以上ドンドン上がって綺麗で楽しかった。
一年毎に花火って進化してくのかなぁ。
見たことの無い花火が沢山上がりました。

8月3日の金曜日は相方がイカ踊りでお祭りに参加です。
ねりこみの場所は電車通りで終点は五稜郭公園です。
笑っちゃうくらい結構な距離です。
何キロあるの?5kmは大げさだけど。ま、頑張って踊ってくるのよ。プププ。
と、からかったりしてたら当日になりました。

家から15分~20分くらい歩くと電車通りなのでカメラを肩から下げてえっちらおっちら行ってきました。
踊りを見て写真撮って帰る寸法です。
往復で歩くの30分~40分・・・あたしに歩けるのかしらぁぁ。
にしても、望遠レンズ装着で行ったのでカメラが重かった。
で、そんなこんなで、電車通りにつくと盛大にパレードが行われていました。
どの辺りに相方の山車がいるのか見当もつかないので警備の人に聞きました。
「○○の山車はこれからですよね?」
「え、もうとっくに行ったよ。」

相方に言われた出発時間より15分早く会場に着いたのに・・・
行っちゃったのかよ・・・・・

呆然としていたら
「今から追いかければ、追いつくかもしれないよ!」
と、警備の人に励まされ、テクテク物凄い人ごみの中を歩き出しました。
でも・・変だなぁ・・追いつくかもしれないって・・・?と、思いつつ歩きました。
けれど、歩いても歩いても、お目当ての山車がいません。
だんだん焦って来て人ごみを掻き分けながら急ぎ足でグングン進みました。
行けども行けども追いつかない・・・・
そんなこんなしてるうちに五稜郭。
家から歩いて来ちゃったじゃん・・・・・
あぁ・・もう終点じゃん・・・
いったい何キロ歩いたんだろう。
もう1時間も歩いてるじゃん・・・
カメラ重いや・・・
肩も痛い・・・
ビール美味しそうだなぁ・・・
なんか寂しいよ・・・
もぅ疲れたよ、エンゾー・・・・・(パトラッシュの代役
足はもつれて歩けなくなり・・・
帰ろうか、どうしようか・・・
と、思ったその時・・・

ハッピに

捻り鉢巻

肩には襷

満面笑顔の

相方が

のびのびと

相方よ、適当な時間教えるなよな。

踊った相方の倍以上歩いたよ。
帰りは暗くて道に迷ったよ。
なんてお祭りだよ。
ヒドイ話だよ。
でもイカ踊りに罪は無いよ。

・・・・・・イカイカイカイカイカ音頭・・・・・・・・苛。

おしまい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

えだまめのきせつ

Edamame

枝豆1kg。
せっせ、せっせ、とサヤから取り出しました。
途中すごく面倒になって嫌になって発狂しそうになるんだけど、
いや、頑張れ。これも修行だ。と自分を励ましながらがんばる。
って何の修行?
だいたい枝豆茹でる前のした処理で1kgもあったら右手がバカになってくるよ。
やっとこ、した処理も終わって茹で終わったら今度は鞘から出して薄皮はいで・・あー疲れる。
これに似た感じで、もやしの髭を取ってる時も、もういいや、止めよう、いや、頑張ろう。
と心の中でもの凄い葛藤があってやっと食べるのが、「お浸し」・・・冷静になると笑える。
40円くらいのモヤシのお浸し食べるの凄く大変なんだよ。
ほんとに。
生き難いわぁ。
こういうの気にならない性格か、気になるけど手をサッサと動かして億劫にならない人だったら楽だろうに。
なんせかんせ中途半端。
髭は口当たりが悪くて気になる。でも作業は辛く面倒で飽きる。
あぁ逝き難いわぁ。

111

で、そんな辛い、下ごしらえを経て出来たのが、サラダと、ポタージュ。
大したもの出来ないなぁ。あははは
サラダは枝豆をピクルスにしてからの方が美味しかったなぁ
漬かるの待てなかったもんなぁ・・・
つめが甘いんだよなぁ。

・・・・でもまぁまぁ美味しかったよ。まぁまぁだけど。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ぴすたちおたち

日曜はアンティカ・オステリア・デル・アルバさんでランチです。
相変わらず写真ナシデス。

1皿目・ヤリイカのイカ墨マリネ
2皿目・鶏レバーのムースと、ツナのムースとラタトゥイユとパイ
メインのパスタ
相方、ビーフシチューのパスタ(名前は違ったけど食べた感じでは、ビーフシチューでした。
わたくし、ペスカトーレ

ペスカトーレがテーブルに運ばれて来ると、ランチには豪華なパスタが運ばれて来て相方は「おぉおおお」と歓喜の小声をあげました。
「これが、yoppiばぁちゃんが注文して、yoppiママンが、交換してあげるよ。。と、交換したパスタだよ」
「でも交換したのは、ばぁちゃんが、魚介類を食べるのが大変だからだよ。とママンが言ったので、あ、そうか、優しさなんだね?って言ったら、そうだよ!優しさだよ!ってママンが言ったパスタです。」
と、思い出の解説を添える。

例によってデザートはワゴンの中から説明を受けて選びます。
3つ目のケーキがブラッドオレンジとピスタチオのケーキ。
(すごい爽やかで色もキレイで美味しそうだ。これにしよう。)
ぐるっと回って最後の方で、「木の実のケーキです。」
と、紹介されたケーキにはピスタチオ様が散りばめられてキラキラ光っとる。
あ、まずい・・どうしよう・・・うー・・・
「如何なさいますか?」
早いとこ選ばなくちゃいけない無言のプレッシャー・・・・
「あーーーえーーーえーーーあーー木の実のケーキで。」
(・・・あぁ・・ブラッドオレンジとピスタチオも・・気になってんだよなぁ・・・うー・・)
相方はまだ悩んでる。
ここで無心に念を送る。
「ピスタチオピスタチオピスタチオピスタチオピスタチオピスタチオピスタチオピスタチオピスタチオピスタチオ・・・・ナムナム・・・」

相方「えーっと、ブラッドオレンジとピスタチオのケーキで」

プ。電波届いてる。あはははは。
サーブされてから
「今、念送ったんだよね。届いた?」と聞いたら
恐ろしい、恐ろしい・・・と怖がられた。フフフフフ・・・・。
上手い事半分ゲット出来ました。

あ、ランチのお味ですね。
言うまでも無く100%以上です。
最高に美味しかったです。ベリーグーです!

後は図書館徘徊して、ホーマック徘徊して帰宅しました。

Ume

梅は瓶の中で活動してます。えらいよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »